お祝い事には思い出に残るオリジナルメダルをプレゼントしよう!

SITEMAP
トロフィーとメダル

還暦や敬老の日のお祝いにオリジナルメダルをプレゼントしよう

芝生の上のトロフィー

還暦祝いや敬老の日のお祝いには様々な形がありますが、お祝いや感謝の思いを伝えるために名前やメッセージ入りのオリジナルメダルをプレゼントするという方法も徐々に広まりつつあります。専門業者でオーダーできるオリジナルメダルのデザインは多岐に渡り、公的な大会の表彰用だけでなく私的な記念品や贈答用として使えるカジュアルなモデルも複数用意されています。個人的な用途での注文マニュアルやテンプレートを明記している業者サイトも少なくありません。自社サイトでのネット通販だけでなく一般消費者に馴染みのある大手ECサイトでも注文可能な業者もあり、より簡単かつ気軽に専門業者に依頼出来ます。
個人や家族内で使用するためのオリジナルメダルでも、定番デザインの金メダルは作成可能です。その他アクリル樹脂や光学ガラス、クリスタル等を用いた個性的でお洒落なデザインのものも作成できます。メダル本体の価格は材質やサイズ、デザインによって数千円から数万円まで様々ですが、彫刻する文字数により追加料金がかかることがあります。また製品や注文内容によって納期に一ヶ月近く差が出ることもあります。料金体系や納期の詳細は各専門業者のサイトにわかりやすく表示されています。
長年に渡り仕事に家事に頑張って来られたご家族へ、感謝と労いの気持ちを込めた世界にひとつだけのメダルのプレゼントを是非検討してみてください。

オリジナルメダルを制作することでモチベーションアップに

スポーツ大会や各種文化的な催し物において、商品の一つとしてポピュラーなのがメダルです。授与するメダルをオリジナルメダルとして専門業者に依頼して制作することで、大会に対する選手のモチベーションは大きく変わってきます。またそれによって大会そのものをより魅力的にすることができますので、その後の参加者の数にも影響を与えるものとなります。オリジナルメダルは商品として授与されるものですので、参加する人たちにとって魅力的なデザインのものであれば、もらった側にとっても喜びは大きくなります。それを見ている別の参加者たちの次回へのモチベーションを高めるものともなります。そのためには、オリジナルメダルのデザインや製作が重要になってきます。それを専門業者にお願いすれば、デザインや製作までをワンストップで行ってもらうことも可能ですし、オリジナリティーを出すこともできます。そうすれば、参加者の記憶に残るようなメダルを作ることも可能なのです。またそうした専門業者の多くはインターネットを通じた作成依頼を受け付けていることも多いですし、忙しい大会準備を妨げることなく作成してもらうことも期待できます。参加する側にとっても主催者側にとってもメリットが大きいオリジナルメダルは、実績を伴った専門業者を探すことが第一歩です。

用途に合わせて最適なオリジナルメダルを作成できます

スポーツ大会や文化祭といったイベントの表彰で欠かせないのがメダルになります。しかしながら、既製品のありきたりなデザインでは目新しさがなく、折角、贈るならイベントのテーマに沿ったオリジナルメダルを贈りたいものです。そんなオリジナルメダルを作成したいなら専門業者に依頼してみませんか。
オリジナルメダルを作成する専門業者は、用途やデザインを伝えることでオリジナルメダルのデザインを提案してくれます。提案された後は修正を何度でも加えられるので、より希望するデザインの実現が可能になります。さらに作成時には木材や金属、プラスチックといった材質からベルトのデザインを予算に合わせて選ぶことができます。専門業者によってはメダルを収めるケースなども取り扱っています。
また、最近ではネット専業の業者も登場し、ネット専業業者の場合は店舗を持った場合には発生する土地代や人件費が抑えられ、ネットで一貫して行えるので、オリジナルメダルを作成する際の費用が抑えられるとして人気が高いです。また、ネット専業業者はデザイン性もオリジナル性が高いので、人とは違ったメダルや用途に合わせたメダルを作成したいと考えた場合には最適な業者となっています。

  • WINNERと書かれたメダル

    様々なイベントにオリジナルメダルはいかがですか?

    様々なイベントに「メダル」が使われることは珍しくありません。会社などの功労賞や優秀賞の表彰、スポーツ大会の表彰、保育園・幼稚園や小学校の記念、何かの催しの来場記念、その他、お店の販促物にメダルが…

    more
  • 冠とメダル

    オリジナルメダルで輝く思い出を

    表彰台の一番高い場所に立って、誰かから首にかけてもらえる金メダル。幼い頃に一度は憧れたことのある光景ではないでしょうか。でも子供の頃も、学生時代もそして社会人になってからは尚更、そんな機会には恵…

    more
TOP